▶︎ ベルの写真集を出版しました!(Kindle版にて)◀︎

アイリスオーヤマのペットフェンスを導入!リッチェルとの違いは?比較してみた

ジャンプばかりするベル

パパお手製のフェンスを撤去後、唯一残っていたソファー側の段ボールの壁。ベルがハイジャンプする場所です。

ジャンプばっかりして脚が脱臼したりしないように、ここにも外が見えるフェンスを導入しました。(家の中がフェンスだらけ…汗)

今回は縦横の寸法を考えると、アイリスオーヤマのペットフェンスがジャストフィットしそうです。

 

スポンサーリンク

まずはビフォーアフターから

ビフォー(外が見えなくてジャンプする)

 

このダンポールの代わりに、アイリスオーヤマのフェンスを設置。

↓ ↓ ↓

 

アフター(外が見通せるからジャンプ不要)

スッキリしました♪ 見通しが良くなってジャンプしなくなりそう。

 

スポンサーリンク

アイリスオーヤマとリッチェルの違い

アイリスオーヤマ 幅60cm 高さ55cm

すでに導入済みのリッチェル ペットフェンスに加えて、今回購入したアイリスオーヤマのペットフェンス。どちらも置くだけで簡単に設置できますが、違いもあります

  • サイズ・色展開
  • 脚の位置が変えられる
  • 材質の太さ

 

アイリスオーヤマ ペットフェンスのサイズ

今回アイリスオーヤマのペットフェンスを選んだのは、サイズがちょうど良かったから(幅60cmで高さ55cm)。

リッチェルだと高さが51cm、幅は120cmと90cmの2種類しかありません。リッチェルのペットフェンスで模様替え【ビフォーアフター】

 

リッチェルのサイズ展開

  • 幅90cm x 高さ51cm
  • 幅120cm x 高さ51cm

色はブラウンのみ

 

ちなみに、アイリスオーヤマのサイズ展開は以下の通りです。

  • 幅90cm x 高さ40cm
  • 幅90cm x 高さ55cm
  • 幅60cm x 高さ40cm
  • 幅60cm x 高さ55cm

色はブラウンとホワイトがあります。

 

アイリスオーヤマは脚の位置が変えられる

脚を取り外して位置を変えられる

アイリスオーヤマのメリットは、脚の位置を変えられるところですね。設置する場所によって脚の取り付け位置を自由に変更できるのは便利です。

 

アイリスオーヤマは材質が太め

丈夫でしっかり!

アイリスオーヤマは、リッチェルと比べてフェンスの材質が太くて強度が高いように思います。フェンスの上部に横材が入っていなくてもしっかりした作りです。

 

アイリスオーヤマとリッチェル の違い

それからアイリスオーヤマのブラウンは、リッチェルより色が少し濃い目です。

 

スポンサーリンク

アイリスオーヤマのペットフェンスを組み立てる

アイリスオーヤマ ペットフェンス

アイリスオーヤマのペットフェンス

アイリスオーヤマのペットフェンスを組み立てました。

 

部品もシンプル!

部品の数も少なくてシンプル。ジョイントパーツが3つも入っていて親切です!

ジョイント用のパーツを使ってリッチェルのフェンスと繋げたかったのですが、リッチェルの外枠が太すぎて入らず…

 

取扱説明書もわかりやすい

プラスドライバーが必要です

プラスのドライバー1本用意すれば簡単に脚を好きな位置に取り付けることができました!

 

ベルも気に入ったようです^^

脚の安定も良くてバッチリ!トイプードルのような小型犬ならまず倒れることはなさそう♪

 

リッチェルも不満はありませんが、個人的にはアイリスオーヤマのフェンスの方がしっかりしてて好みかな〜。

 

サークルも作れます

アイリスオーヤマならサイズが豊富だしサークルも作れますね。不要になったら単品でゲートとして利用可能。価格も安くて安定感もいいですよ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました