▶︎ ベルの写真集を出版しました!(Kindle版にて)◀︎

根津・千駄木下町まつり2018〜谷中あたりまでお散歩

根津 千駄木下町まつり 2018

根津 はん亭さんの前

10月、秋晴れで気持ちがいい週末。ふと気づくと今日は「根津・千駄木下町まつり2018」でした!

 

はん亭の串揚げとビールがいただけます

根津はん亭さんの串揚げとビール…昼食も済ませたあとだし、ここはグッと我慢です。

お祭りのメイン会場は根津神社ですね。今日は根津〜谷中を気ままに歩いてみました。

 


 

スポンサーリンク

根津ふれあい館では立川談笑さんの寄席

根津 不忍通りふれあい館

不忍通りを歩いていくと、ふれあい館の前に人が!あっ今日は寄席もあるんですね。何年か前にここで立川談志さんの高座を聴かせていただきました。談志師匠はふれあい館の近くにお住いでしたね。

入り口には談笑さんがニコニコして座っていらっしゃいました^^

 

豪華な寄席だけあって、たくさんの人が並んでる〜。(入場無料です!)

 
 

スポンサーリンク

根津 藍染通りへ

藍染通りのカフェ ボンファイアー

ボン ファイアー(Bon Fire)

不忍通りを北へ向かい、根津神社入口の信号を右に曲がると「藍染通り」です。ここ数年で色々なお店が増えました。春のつづじ祭りのときにもすごく賑わってたんですよね。

 

澤の屋旅館

澤の屋旅館さんは海外からのビジターに大人気の旅館。どんな旅館なのか?中を拝見してみたいな〜。

 

下町の雰囲気バッチリ!

旅館 澤の屋(Ryokan Sawanoya)

根津駅から澤の屋旅館を目指して歩いてる観光客の方々によく道を尋ねられるので、ちゃんと英語で説明できるように道順をおさらいしておこう。

 
 

スポンサーリンク

谷中キッテ通りへ

谷中キッテ通り

澤の屋旅館を右に曲がると谷中キッテ通りです。近くの谷中郵便局から名付けられたみたいで、Kitte(来て)という意味も込められているそうです。

雑貨屋さん、カフェなど色々なお店が並んでいてワクワク楽しいエリアになりつつあります。

 

ひるねこBOOKS

ひるねこBOOKS

ひるねこBooks

ねこちゃんの本や、絵本・児童書、衣食住など暮らしの本、アート、北欧雑貨などを販売しています。

 

今度ゆっくり入ってみたいなぁ。

 

Bistro TOM

Bistro TOM

ビストロ トム(Bistro TOM)

ランチのお客様で満席のようです。あとで調べたらビブグルマンの下町フレンチのお店でした!予約してぜひ行ってみたい。

 

とっても素敵な雰囲気のお店♪

 

鳥のいるカフェ

鳥のいるカフェ

鳥のいるカフェ 本店

こちらの鳥のいるカフェ。前からあったかどうか記憶にないのですが、お店の中に鳥がたくさんいました。鳥を見ているだけで癒される〜という方はぜひ。

フクロウ好きの人たちがおいしいお飲み物を飲みながらゆっくりくつろげる空間なのだそうです。大きなインコもいました。

 

ねんねこ家

ねんねこ家(Nennekoya)

猫の街の谷中らしさ満載のねんねこや。坂の途中にあります。以前から気になっていたお店で、どうやら古民家風カフェみたいですね。

 

Eat or Drink only shopと書いてあるのです。入口が狭そうでどうやって中に入るのかな?と思ってしまいました。

 

独特な雰囲気を醸し出しています。

 

食べログを見たら2018年で閉店予定とのこと。ファンの方はぜひ早めにいらしてくださいね〜。

 

谷中のヒマラヤスギ

台東区の保護樹木に指定されている「ヒマラヤスギ」です。90年ほど前に植えたものだそうで、谷中のシンボル的な存在です。

 

先日、根津図書室で古い資料を借りて70年くらい前のヒマラヤスギの写真をみましたが、まだ細くて小さなスギの木でした。

 
 

今回のお散歩ルート

谷中も少しずつ変化していますね。またじっくり歩こうと思います。

1時間ほどのお散歩では目標の8000歩/日に届かず…

 
 

 
 

タイトルとURLをコピーしました